<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 09日
3/4 曇時々晴れ 乗鞍高原3
遅くなりましたが、乗鞍高原第三弾。
翌日の3/4は「善五郎の滝」
乗鞍高原温泉スキー場の少し手前の駐車スペースに車を止めて、前日にいけなかった「善五郎の滝」に向かいます。
わき道に入ってからスノーシューに履き替え、「善五郎の滝」まで歩いて行きます。
しばらく登りがあり、展望所と「善五郎の滝」との分岐を「善五郎の滝」方面に下ります。
橋がありました。

1.「善五郎の滝」手前の橋から撮影
a0060230_21192934.jpg


橋を渡って、鉄製の階段を登ると氷爆した滝が見えました。
滝のそばまで寄ってみます。

2.善五郎の滝 その1
a0060230_21195794.jpg


3.善五郎の滝 その2
a0060230_21202330.jpg

こうやって、近くから見上げて撮影するのも迫力がありますが、この滝かなりの大きさがありますので、引いて遠くから撮ったほうがその大きさが分かるかもしれません。

4.善五郎の滝 その3
a0060230_21205153.jpg


この後、分岐点に戻り展望所に行ってから、下り道をスノーシューで楽しんでもとの場所に戻りました。
駐車スペースの手前で乗鞍岳を撮影。

5.乗鞍岳
a0060230_21212513.jpg

6.スカイライン方向も一枚
a0060230_21214832.jpg


これで、乗鞍旅行の写真は終わりです。
次はどこに行こう!(でもちょっと風邪を引いてしまいました)

by buebue | 2007-03-09 21:22 | 甲信越 | Trackback | Comments(22)
2007年 03月 05日
3/3 曇時々晴れ 乗鞍高原2
朝7時前に自宅を出発して乗鞍高原に11:30頃到着しました。
スノーシューをザックにつけて一の瀬園地方面に向かいました。
少し青空がのぞいてますが、まだまだ撮影意欲の湧くお天気ではないので、カーブミラーに写った自分の姿など撮って遊んでいました。

1.撮影スタイルを確認
a0060230_23105415.jpg

指に白いものが見えるのはシップです。
前回の旅行で滑ったときに打った指がまだ少し痛むんです。
一の瀬園地に近づいてくると後方に青空が出てきました。

2.やっと広がってきた青空
a0060230_23114851.jpg


一の瀬園地にはスノーシューを楽しめる雪がありました。
若干固めですが・・・

3.一の瀬園地にて
a0060230_23121417.jpg


あざみ池を経由して牛留池方面に向かうことにしました。

4.あざみ池の上で撮影 冬だからこそ歩けるんですよね。
a0060230_23123966.jpg

あざみ池を過ぎると登りが始まります。
少し登ったところにあずまやがあり、そこでコーヒーブレイクを取ることにしました。

5.私が撮影しながらゆっくり登るので、待ちかねたchacoが迎えにきました。
a0060230_2313779.jpg

その後さらに登りが続き、しばらくすると牛留池に到着しました。
牛留池を過ぎると「乗鞍高原温泉スキー場」に出ました。
本当は「善五郎の滝」に行きたかったのですが、時間が遅くなったのであきらめました。
スノーシューを脱いで乗鞍スカイラインを延々と下りました。
出発地点の「観光センター前」まで戻り、予約しておいたペンションに着きました。
1日目はこんな感じでした。
翌日は前日にいけなかった「善五郎の滝」の氷爆を見てきました。
その写真はまた次回!

今回あるいた経路。
1日目が赤のライン。2日目が青のラインです。
a0060230_23133350.gif


by buebue | 2007-03-05 23:14 | 甲信越 | Trackback | Comments(20)
2007年 03月 04日
3/3 曇時々晴れ 乗鞍高原1
この週末は乗鞍高原に今シーズン最後(?)のスノーシューを楽しんできました。
標高の高い乗鞍でも暖冬による影響で雪は少なかったです。
雪質は前回の八ヶ岳よりはましですが、連日の暖かさで新雪の心地よさは経験できませんでした。
でもスノーシューを楽しめるエリアは豊富で、十分過ぎるほど歩いてきました。

しかしながら、今回の写真の主題は「木」
私にしては珍しく題名つけてみます。
1.「空にノビル」 (クリックすると拡大します)
a0060230_21102691.jpg


2.「空にトドケ」 (クリックすると拡大します)
a0060230_21104591.jpg



by buebue | 2007-03-04 21:11 | 甲信越 | Trackback | Comments(16)