2007年 08月 22日
8/15 快水浴 3 星空
花火のあと、しばらくして星空の撮影に浜辺に出て見ました。
昨日アップした日没後の撮影位置とほぼ同じ場所です。
この場所の地図へのリンクはここをクリックしてください。
すべてクリックすると拡大します。

失敗を生かすために久々にEXIF情報を載せます。
1.現像処理のみ行ったデータです。実際見ていた星よりかなり少ないです。
a0060230_012185.jpg

EXIF情報(RAW)

機種・・・・・・・PENTAX*ist DS2
レンズ・・・・・・・smc PENTAX-DA 12-24mmF4ED AL[IF]
撮影焦点距離・・・・・・・12mm
レンズの焦点距離(35mm)・・・・・・・18mm
撮影モード・・・・・・・バルブ
シャッタースピード・・・・・・・45.7sec
絞り値・・・・・・・F4.0
露出補正値・・・・・・・0.05
測光モード・・・・・・・分割測光
ISO感度・・・・・・・800
ホワイトバランス・・・・・・・オート
AFモード・・・・・・・マニュアル
ストロボモード・・・・・・・発光禁止
(PENTAX PHOTO Laboratory現像)
露出補正・・・・・・・0.0
WB・・・・・・・変更なし
Sharp・・・・・・・ふつう
調子・・・・・・・標準
Color・・・・・・・ふつう


真ん中、灯台の赤い明かりの上に雲のようなものが見えるでしょうか?
これは天の川です。
肉眼ではもう少しはっきりと見えていたので、肉眼で見えていた星の感じに近いように少しガンマ訂正を行い、ノイズを目立たなくさせるためコントラストをあげました。

2.加工後の写真。
a0060230_024383.jpg



(反省点)
露出時間を最低3倍は取るべきでした。あまり長すぎると天の川も移動しているので難しいです。

これが雲ではなくて天の川であることが以下の写真で分かるかもしれません。
かなり明るさ補正をしていますので、天の川が不思議な感じに出ています。盛り上がっているように見えています。
実際、肉眼では雲がまっすぐ伸びているように見えました。


これは、先ほどの写真をさらに上に移動して、ほぼ真上を見ている状況です。
海から縦に伸びた天の川が、真後ろの空までまっすぐ伸びていました。

3.上空。現像時に露出補正+2
a0060230_032271.jpg



4.さらに遊んで見ました。色相をブルーに変更。
a0060230_035892.jpg


こうするとノイズが目立ちにくくなります。

5.今度は横位置の写真を同じように加工しています。
a0060230_011151.jpg


とにかく、ここの星空はすごく綺麗です。
標高0mでここまでの星空が見える場所は、日本でもそんなにないのでは?
またリベンジしに行かねばなりませぬなぁ。
お勧めはお盆の時期。この時期は流星群が多いのです。
今年は8/12早朝~8/14頃が流星群の時期でした。
あいにくその時期高知はお天気がよくなかったのです。8/13に予約していたキャンプはお願いして時期をずらしてもらい8/15に。
それでも何個かは流星が見えましたよ。
360度のパノラマなので、浜辺で寝転がると見逃す心配がありません。

EXIF情報は加工した写真もすべて残してあります。ただ、あくまでもオリジナルの情報ですが。

久々にちず窓も貼り付けます。


by buebue | 2007-08-22 00:14 | 四国


<< 8/11 横浪スカイラインにて      8/15 快水浴 2 >>