2014年 01月 01日
12/30 玉梨八町温泉へいく その1
仕事の関係で田舎に帰ることを断念したこの年末年始。
ぽっかり空いた予定を少しでも埋めるために29日に速攻探して予約した秘湯の宿に行ってきました。

車でいくか悩みましたが、今回は雪道が心配なので電車とバスです。

新幹線で郡山に行き、郡山から磐越西線で会津若松へ。そこから只見線で会津川口駅に向かいます。

只見線
a0060230_14483693.jpg

a0060230_1449219.jpg

車窓から見える景色は始めは会津盆地のひんろい雪景色。
しばらくすると只見川沿いになります。
川の左岸や右岸をいったり来たりしながら列車はゆっくりと進んでいきます。
a0060230_1452624.jpg

a0060230_1453940.jpg

a0060230_14531281.jpg

a0060230_14541267.jpg

思えば遠くへ来たもんだ…
二時間弱で会津川口駅に到着。
只見線は2011年夏におきた豪雨により只見までずーっと不通になっています。

会津川口駅でバスの時間を聞くと、30分くらいあるみたい。
そういえばご飯食べてなかった…。
と思い、駅でおにぎりを買いほうばったその時、
buebueさん~!○○さん~!
という声が。
宿のご主人が迎えに来てくれてました。

ここから車で10分強の玉梨八町温泉 恵比寿屋さんに向かいました。

恵比寿屋さんの前には戎さま。
a0060230_14575077.jpg

入り口が3階というこのお宿。
お部屋は2階でした。
a0060230_14595145.jpg

a0060230_1501262.jpg

お部屋はすべて川に向いているらしく、窓から見える景色はこんな感じです。
a0060230_151143.jpg

正面に見える片流れの小さな小屋が、共同浴場 玉梨温泉のようです。

荷物をおいて、すぐその玉梨温泉に行ってみることにしました。

対岸から見た宿。2階の右から二つ目のお部屋が自分の部屋です。
a0060230_1521084.jpg


玉梨温泉共同浴場
a0060230_1532132.jpg

a0060230_1532513.jpg

a0060230_1541542.jpg

女湯の方は地元のおばあさんが先客で入ってました。
こじんまりとしたお風呂です。
お湯はけっこう熱く、おばあさんいわく、いつもより熱いそうです。
恵比寿屋さんのお風呂はここから引っ張ってるはず。
だから、恵比寿屋さんのお風呂は少しぬるくなっている。
そうです。
お風呂は鉄臭く、なめると少ししょっぱいです。
炭酸泉だそうです。
鉄臭いわりには色は透明でした。
冬は毎日じゃないけど、夏は野良着のままみんなで入りに来るそうです。
社交の場なんだそうですよ。
あと、地元でとれる農産物の話とか聞かせてもらいました。


誰もいなくなったあとに撮影
a0060230_1571529.jpg


お風呂を出たあとはもう一度橋を渡り宿の方へ。
橋を渡って宿とは反対の右にいくと小さな商店がありました。
a0060230_15111490.jpg

宿を通りすぎてちょっといったところに今度は八町温泉の表示が。
a0060230_15131830.jpg

ここを降りていくと八町温泉共同浴場です。
a0060230_1514719.jpg

後ろに見えるのは恵比寿屋さんです。
おとなりさん。

ちなみにここは混浴です。
調べといてよかった。
参考blog
男性にはこちらのほうがよいかも
真夜中なら誰も入ってないときにこれるかなぁ。
でも、開けるとすぐお風呂って言うのは緊張しますね。
できれば靴で確認したいです。

宿に戻り、今度は宿のお風呂に!!
カッパの湯だそうです。
a0060230_1516324.jpg

a0060230_1585727.jpg

入るとやはり少しぬるめでした。右には半露天風呂の雪見風呂への入り口があります。

そうこうするうちに夕飯の時間が来ました。

ビックリしたのは、席の並びです。
入って右側に、一緒に駅からのせてきてもらったソロのおじさん。左に私の席があるのですが、その間は5メートル位開いていて、おじさんと私は同じ方向を向いている。
つまり、おじさんは私を向き、私は壁を向きってやつです。
気を遣わないような配慮かもしれませんが、かえって背中が気になりました。
お酒はこんな感じ。
a0060230_1519439.jpg

でも、私は部屋に案内されるときに冷蔵庫に飛露喜があるのを見ていました。
a0060230_15203427.jpg


先日女子会でみんながヒロキ、ヒロキっていってたのはこれかぁ…。と。

宿の人に飛露喜はありますか?と聞くとあるというので冷酒を一合頼みました。
a0060230_15212437.jpg

そして料理
a0060230_15223281.jpg

a0060230_15233687.jpg

飛露喜のあとは、燗で一合♪

お部屋に戻り少し休憩したあと、もう一度お風呂へ。
雪見風呂へ出てみると、雪がけっこう降っていました。
a0060230_1524851.jpg

退屈しのぎに本をたくさん持っていってたのですが、酔い気分になり、さらに冷蔵庫から氷結を1本いただいたあとバタンキューしたのでした。
続く…。

by buebue | 2014-01-01 15:26 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://buebue.exblog.jp/tb/19272897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lisaw650 at 2014-01-01 18:45
ずいぶん渋いチョイスですね!
炭酸泉は芯から温まりそうですがいかがでしたか?
ほんとbuebueさんの行動力には頭が下がります。
私もどんどん出かけよう♪
Commented by buebue at 2014-01-01 19:11
lisaさん!!あけおめです♪ というよりですね~。一人で泊まれる宿探してた らここになったんですよ。 でも秘湯というなら、近くなら大平か姥湯などの 米沢八湯が雰囲気ありますね。 一軒宿が多いので。 でも、地元の人との交流ならこういうひっそりし た町の温泉もいいです。
Commented by Fredy at 2014-01-01 21:28 x
雪見の露天風呂は贅沢ですねぇ。最近寒いので温泉行きたいですが、かなわず。
しかし、一度でいいから元CAと混浴したいもんだ、と、リンクのBlogに気もそぞろ。。。
素晴らしいリンクを、新年早々感謝でございます。
Commented by buebue at 2014-01-01 21:55
Fredyさんなら飛び付いてくれるだろうと思ってましたヨ!!!!!!

私はかっこいいお兄さんと混浴でご一緒…したくありませんが~。

私はあのリンクのカメラマンは男か女かの方が気になりますね。
今年もよろしくですお願いいたします♪
Commented by umajin at 2014-01-02 08:50
あけましておめでとうございます!
昨年のお写真は、登山、温泉旅行と私の好きだったジャンルで羨ましい限りでした(^^)
お小遣いに余裕があったら、雪見風呂にも行きたいな~♪
あっ・・・でもスタッドレスが4年くらい経過しているので出掛けるなら新調しないとorz
新調するにも10万くらい掛かるので、これがネックで中々出掛けられないのです(笑)
と、いうことで今冬は冬眠状態になりそうですが、今年も宜しくお願い致します!

Commented by buebue at 2014-01-02 22:24
Umajinさん。去年は大変な一年でしたね。
体が一番ですので無理をせず思いっきり楽しんでください。
今日千畳敷行ったのですが、天候悪く、写真はとれませんでした。
来月まで仕事が忙しいので、今年何度スノーシューに行けるかなぁって感じです。
今年もよろしくですお願いいたします!!


<< 12/31 玉梨八町温泉へいく...      1/1 備忘録 >>