2011年 10月 11日
2011燕岳登山その3
1.白砂とハイマツの緑、そして巨岩が独特の景色を作り出しています。
a0060230_1431433.jpg

2.本当にお天気に恵まれました。
a0060230_1431493.jpg

3.巨岩と巨岩の間を縫って登山道があります。
a0060230_1431463.jpg

4.巨岩を抜けるたびに、少しずつ風景が変化します。
a0060230_1431483.jpg


余談ですが、
PENTAXのカメラが吐き出すブルーは印象的で、よくPLフィルターを使ってるかと質問されますが使ってません。
ただし、この青さは
1 空気が澄んでいること
2 ほぼ順光であること
(肉眼で青くないものはやはり蒼くは写りません。)
3 純正のDAレンズであること
(PENTAXのコーティングは逆光にも強く優秀です!)
が条件です。
また、空は上の方ほど澄んでいるので、見上げる写真だとさらに濃く写ります。
NikonやCanonに比べて純正レンズは高くないので、PENTAXを使うなら純正レンズを使ってあげてください。
他社レンズだと、
もっと青かったはずだ!
って写真の方が多いと思いますよ!

by buebue | 2011-10-11 20:30 | 甲信越


<< 2011燕岳登山その4      2011燕岳登山その2 >>