2011年 01月 20日
光芒比較
12-24が故障中で、レンズについて情報を収集中の毎日です。

12-24の光芒は8本の先端が尖った美しい形をしているのですが、他のレンズはどうだったかなぁと、写真を漁ってみました。

広角系
DA12-24…光芒は8本 先端が収束
a0060230_23274851.jpg


DA14…光芒は6本 先端が収束
a0060230_23274848.jpg


DA10-17…光芒は6本 先端が拡散
…対角の絞りの角があってないからかなぁ…

DA15…光芒は14本 先端が収束

FA31…光芒は18本 先端が拡散
PLANAR50…光芒は18本 先端が拡散
a0060230_23274881.jpg



写真は600万画素のDSで等倍切り出しです。
他のは今度試し撮りするかな?

by buebue | 2011-01-20 23:27 | その他 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://buebue.exblog.jp/tb/11960711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomo200801 at 2011-01-21 10:53
DA12-24、便利で写りがいいだけに早く手元に来るといいですね。
私も以前K100Dを使用していましたが、その時はDA14がすごく気になってた時期がありました。
TOKINAの12-24はD50で使っていましたが、それより写りがいいのか!?と。
buebueさん的にはDA14と12―24の違いはどう感じておられますか?
Commented by makkuroGS at 2011-01-21 20:50
やはり12-24mmは魅力あるなぁ。
buebueさんに薦められたのものあって DA15mmLimited を手に入れましたが、これもまた光芒がいいですね!
自分もいつかは・・・12-24mm!だな!(^^ゞ
Commented by buebue at 2011-01-21 22:19
tomo200801さん
トキナーとペンタックスの12-24は光学設計は同じですが、絞りバネもコーティングも異なります。
トキナーは今の型は逆光に強くなったようですが、前のは逆光にはダメだったとか。
ペンタックスのSMCコーティングは非常に優秀です。

解放からシャープなのはおなじで、色乗りの濃さも近いものがあると思います。
ペンタックスの絵作りはわりとこってり系なので、純正レンズと併用すると、風景には最強の組み合わせになります。

14ミリ、売ってもいいくらいに使用頻度が低いです。

でも、いつか良さに気づいてお気に入りになるかも知れないので、寝かしておきます。
Commented by umajin at 2011-01-22 12:13
こんにちは。
おお~光芒比較ですか!面白いですね。
ペンタックスの12-24mmはbuebueさんのお写真を拝見していると
逆光に強く、光芒も綺麗ですね。
光芒は写真的には収束が良い(好み)ですが、実際、太陽を肉眼で見る限りは拡散ですね・・・
でも、購入するなら私は収束タイプですよ(笑)
逆光に強いのは、山撮影でも太陽を入れての撮影が積極的に行えますね!
Commented by pippi-0_0 at 2011-01-22 21:52
12-24mmですかぁ。。。
沼へ真っ逆さまなbuebueさんのブログですなぁ~(笑)

光芒だと、FA ☆ 24mm F2 なんかのが好きですね~!
DA21mmの光芒よりもずっと好きです。。。が、持ち歩くには少し重たいデス。
う~ん。。。痛し痒しw
Commented by buebue at 2011-01-22 22:38
makkuroさん
15ミリもいいですね。
超広角であんなにコンパクトなのはないですからね。
ただ、やはり超広角でのズームは便利なんです。
特に山歩きには!
Commented by buebue at 2011-01-22 22:41
umajinさん
肉眼では拡散ですかね。
拡散だと後光がさしてるかんじで、神々しい感じですかね。
写真としては、私も収束が好みです。
Commented by buebue at 2011-01-22 22:47
pippiさん
沼は以前入りましたが、今は、新しいレンズには食指を動かしていませんよ!
12-24が故障したので、新品を買うか悩んでいるところです。

FA24は逆光いまいちですが、明るいし、シャープなので、星の撮影に使ってました







今行方不明なんですぅ(涙


<< 帰宅中      大阪くらしの今昔館 >>