カテゴリ:東北(0)( 17 )

2014年 11月 04日
11/1 秘湯にいく その3
翌朝目が覚めて露天にいこうとしたら雨…(*_*)
諦めて内湯へ。
布団をたたんで身支度を整えてから朝御飯!!
a0060230_15513187.jpg

もちろんおひつは空にしました♪
朝はソロのお兄さんと隣り合わせ。
外の景色を見せるためなのか…?

ちょこちょこお話しして、先にお食事どころを出ました。
歯を磨いていたら、お兄さんがやって来て会社の名刺をくれました。
私も部屋に戻って探しましたが、名刺がなかったので、会社に戻ったらご連絡しますとご挨拶。

宿の人に見送られながら滝見屋さんをあとにしました。
雨はやんでました。
a0060230_15564948.jpg

a0060230_15571417.jpg


つ、辛い…。
こんなにも上ったっけ。
ということで写真とる余裕はありませんでした。
あと200メートルちょっとで車!!というところでウンウンエンジンを唸らせながら上ってくる車がありました。
横によると、目の前で車が止まり、宿のおかみさんが
「早いから間に合わないかと思った。どうぞ乗って」
と。
お言葉に甘えて乗車!!
でもってガンガン走る走る!!
「低速ギアで気を付けてね。」
と言われお別れ。

車のナビを次の目的地にセットして、ソロソロ下っていったのでした。

次の目的地は、日本で唯一入れる間欠泉 湯の沢間欠泉です。

いい感じで紅葉した景色を見ながら走ります!!
a0060230_1642229.jpg

a0060230_1644755.jpg

a0060230_1654470.jpg

a0060230_166830.jpg

a0060230_1653212.jpg

a0060230_1663933.jpg

そして一年前にタイヤ交換を手伝ってもらった農家
a0060230_1671652.jpg


ここから先。10キロくらいフラットダートの林道を走ります!!
a0060230_1672219.jpg

a0060230_167482.jpg

到着!!
お客さんはいないみたい。
間欠泉は混浴で、バスタオル着用可。
去年は自分のバスタオルが赤く染まってしまったので、今年は300円で借りることにしました!!
a0060230_16531145.jpg

だいたい10分間隔で吹き出し高さが大きくなってました。
30分くらいいた間だと最高で2メートルちょっとかな。
誰も来る気配がないので泳いじゃいました( *´艸`)

このあと、喜多方で、去年七日町で買った笑い午の未バージョン(来年の干支)をゲット。

所沢に着いたのは18時、それから贔屓にしている歌手のライブを見に恵比寿へ♪
帰宅したのは翌日になっていたのでした…(*_*)眠い!!

by buebue | 2014-11-04 18:30 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 03日
10/31 秘湯にいく その2
今回はいいお部屋でした!!
ここは、予約した順番に部屋が決まっていくそうで、前回は連休中でギリギリに予約したので、景色が望めない山側の部屋だったんですが、今回は川側。
で、露天風呂の真上です。
女風呂は半透明のトタン屋根で見えませんが、男湯は丸見え~(*/∀\*)イヤン
a0060230_1630290.jpg

a0060230_16301852.jpg

a0060230_16295191.jpg

さてと、お風呂に入りに行く前に最上川源流にある滝、火焔滝(ひのほえのたき)を見に行こう!!

で、どこから見えますか?
と聞いたら、内風呂からも見えるけど、入り口近くのはしごを上っていくと見えるよ~とのこと。
あのはしご上るのか…。
a0060230_16315882.jpg

高いとこほんとは苦手だけど、頑張って上るぞーo(`^´*)

で、上ったあと濡れた落ち葉で滑る滑る。
登山靴は脱ぎ着が面倒だからライディングシューズにしてしまったのが失敗。
滑らないように慎重に!!

で、撮れたのがこれ!
a0060230_16353992.jpg

望遠レンズ部屋に忘れちゃった…。
戻る気力なし…(*_*)

もう部屋にかえってお風呂だ~(*´ω`*)
a0060230_163754.jpg

男湯はうつむいて過ぎないと見えちゃいます(*Vдv艸)イヤン
a0060230_16374237.jpg

女湯は大丈夫です!!
a0060230_16371469.jpg

a0060230_16391245.jpg

まだ誰もいないみたいだから混浴の打たせ湯にも行っちゃおう!!
a0060230_1640630.jpg

この狭さの混浴はキツい…(*_*)

お風呂のあとビール!!その後一眠り…
a0060230_1641513.jpg


ご飯ですよ~!
で、お食事スペースに向かいました。
a0060230_16421480.jpg

どうやら宿泊客は私と男の人の二人だけみたい。
席は斜め向い合わせの微妙な位置。
話しかけられて少しおしゃべりすると、小平から電車にのって来たみたいです。
仕事は不動産系で、以前は警備会社に勤めていたみたいです。
警備会社に勤めてそうだと思いました。
と言ったら、そう見えますか~?と。

だって、元柔道家の小川直也とおんなじ髪型で体格も姿勢もいいし…。

で、この日はとっとと寝て、翌日に備えました!!

by buebue | 2014-11-03 16:48 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 02日
10/31 秘湯にいく その1
大平温泉への道は狭く急でヘアピンの連続。
a0060230_22152511.jpg

a0060230_22153926.jpg

見渡すとオレンジ色になった山が見えます。
a0060230_22171516.jpg

a0060230_22174875.jpg

やはり道は狭い!!
a0060230_22183186.jpg

a0060230_2219279.jpg

こんなすごい斜面の途中でも止まって撮影しようと思うのは、ハスラーのお陰!!
ヒルディセントコントロールがブレーキからアクセルに置き換える際でも、下がるのを防いでくれます。
尾根に出ました。
a0060230_2219238.jpg

頂上付近から少し下がったところに車を置きます。
a0060230_22233899.jpg

この先は一般車は禁止。
宿の送迎の軽ワゴンと荷物を運ぶ軽トラックだけがこの先を通行します。

かなりの下り坂をくねくねと延々と下ります。
a0060230_22253036.jpg

a0060230_22244957.jpg

a0060230_2226352.jpg

a0060230_22263487.jpg

a0060230_22254853.jpg

a0060230_2227868.jpg

送迎車の終点です。
更にどんどん下りていきます。
a0060230_22275810.jpg

a0060230_22281239.jpg

a0060230_22284142.jpg

a0060230_2228190.jpg

a0060230_22282149.jpg

a0060230_22294386.jpg

a0060230_2230351.jpg

a0060230_22295486.jpg

a0060230_22302061.jpg

a0060230_22305463.jpg

a0060230_22321597.jpg

宿の荷物を運ぶ軽トラックの終点です。
自家発電しています。
a0060230_22325697.jpg

軽とはいえ、こんな道よく走れるなぁ。

ここから荷物はケーブルを使うみたいです。
a0060230_22324176.jpg

階段を下りていきます。
a0060230_22331216.jpg

a0060230_22335927.jpg

a0060230_22351836.jpg

a0060230_22353949.jpg

a0060230_2235473.jpg

橋を渡れば宿です。
a0060230_2235376.jpg

a0060230_22355675.jpg

a0060230_22361388.jpg

右横の錆びた梯子が気になりますね…。
a0060230_22365231.jpg

a0060230_22371250.jpg

到着!!

こんなに遠かったっけ…。

その2に続く。

by buebue | 2014-11-02 22:39 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 02日
10/31 秘湯にいく その0
金曜日有給をとって一泊二日で米沢の秘湯に行ってきました。
朝6時に家を出て、圏央道ー下道ー東北道-磐越道。
猪苗代で下りて、西吾妻スカイバレーを走りました。

その前に猪苗代の郵便局で会社の人に頼まれたご当地フォルムカードをゲットしました。

今は標高があまり高くない部分で紅葉が見頃のようでした。
a0060230_120039.jpg

a0060230_1202097.jpg

上に登ると散ってたりするところが多くて、去年より半月ほど早い気がします。

去年は新高湯温泉や白布温泉に立ち寄ったのですが、今年は別のところに…。

オートバックス米沢店
a0060230_1311318.jpg

去年ステップワゴンのタイヤが旅の途中でパンクしてスタッドレス4本ここで新調したのですが、今年は車が変わったので、冬タイヤをどうしようか悩んでいたのでした。
ハスラーのタイヤサイズは165/60R15。
このサイズのホイールつきスタッドレスを買おうとするとお高いのです。
165/70R14でもいいかなぁ。米沢なら冬タイヤ安いよね♪
っと言うことでスタッドレスを物色!!

ほんのちょっと悩んだ末、目玉とされていたセットをお買い上げ、その場で取り付けてもらいました。

米沢店では、スタッドレスタイヤを買うとボックスティッシュがプレゼントされるキャンペーンをやっていて、お店の人に、前のタイヤとティッシュ後部座席に入れておきますね~。と言われました。
で、これが後部座席、反対にはタイヤが…。

えっとー。ボックスティッシュ60箱!!
a0060230_1283841.jpg

冬タイヤ装着したマイハスラー!!
a0060230_128205.jpg

ガソリン満タンにして、米沢の郵便局でもフォルムカードを買い、大平温泉に向かうのでした!!

続く~(*´ω`*)

by buebue | 2014-11-02 01:31 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 24日
7/20 折爪岳とヒメボタル その2
折爪岳の山の家に到着。
折爪岳ふるさと自然公園センターで受付を済ませます。
一泊…間違えてました…。
432円ではなく、410円!!
時間はたっぷりあるので、撮影ポイントを探しに森の中に入りました。
a0060230_13565775.jpg

a0060230_13564962.jpg

a0060230_1357625.jpg

どこかに出ました!!
a0060230_13572623.jpg

キャンプ場です。
a0060230_13581330.jpg

a0060230_13583247.jpg

a0060230_13592025.jpg

a0060230_13592050.jpg

a0060230_13593816.jpg

去年はこの突き当たりの右側でキャンプしたんだった。
a0060230_140147.jpg

駐車場として使うからできるだけ奥を使ってくださいと言われてここにしたんですが、他の人は結構適当なところにしてました。バイクの団体は入り口近くにしていたので、ホタルを見に来た車に囲まれてましたね。
もしかして、皆ができるだけ奥にテントを張っていたら、今年ホタルの期間もキャンプが出来たかもしれません。
無料なのに非常にきれいに管理されているキャンプ場です。この時期使えないのは残念です。

奥から入り口を見た感じ。
a0060230_1435064.jpg

オートキャンプ場案内図
a0060230_1442775.jpg

オートキャンプ場のそばには野営場もあり、ここでもキャンプできるみたいですね。
a0060230_145772.jpg

a0060230_1461143.jpg

a0060230_1463281.jpg


自然公園センターで折爪岳の地図を見ていたら管理のおじさんが電気をつけに来てくれたので、聞いてみました。
「撮影ポイントってどこが良いでしょう?」
「神社の辺りが良いけど人が来るから、人の来ないこの辺かなぁ。先日この辺でとった写真を貰ったよ」
と見せてくれたのは、ヒメボタルの黄色い光が天の川みたいなすごい写真でした。
こんな写真がとりたくて来てるんだけど、ネットで見たら2、3日前はかなりの数が観測できたけど、土曜日はいまいちだったようです。
今日も条件が悪いから厳しそう。
(教えて貰ったのはこの地図の左の方です。)
a0060230_14829.jpg

駐車場に戻ると、地元の伝統芸能を披露していました。
撮っといた方がいいよと言われたので撮影!!
a0060230_14152189.jpg

さて、教えて貰った場所に明るいうちにいってみます!!
a0060230_14161312.jpg

風が吹かないところの方が良いというので、この場所にしました。
a0060230_14163848.jpg


暗くなるまで延々と待ちます。
3枚着ましたが、寒くなってきたので、階段を登り降りしたり、ちょっと走ってみたり…。

やっと暗くなり、チカチカとしたヒメボタルの明かりが見えてきました。
散策路上で、メスが光ってるようです。
ヒメボタルはメスは飛ばずに一ヶ所でチカチカと光り、オスが飛ぶようです。
また自分より強い光を嫌うようで、撮影時のモニターの明かりなどでも、明かりが弱くなるように見えました。

なかなか数が増えず、やっと録れた2枚を合成したのがこの写真!!
a0060230_14372025.jpg

これ以降はあまり数も増えず、寒いからなのかほとんど飛んでくれませんでした…(T_T)

残念…また来年なのかなぁ~。

で、人が来ないからめっちゃ怖い!!
途中に冷気のたまる場所があり、半泣きになりながら(心のなかでですが)戻ったのでした。

9時近くになり、山の家に!!
a0060230_1439980.jpg

合宿所みたいですね♪
12畳のお部屋。
a0060230_14405475.jpg

布団がちゃんと用意されていました。
a0060230_14421546.jpg

翌日渋滞を避けて帰るために早寝早起きをしました。

翌朝は5時半出発!!
折爪岳はまだ霧の中ですが、山を降りていくと晴れ間が出ていました。
a0060230_1444554.jpg

渋滞にはほとんど合わずに帰ることができました!!
a0060230_14451664.jpg

でも、うちから折爪岳まで650キロ!!
やっぱり遠いなぁ~(  ̄▽ ̄)

by buebue | 2014-07-24 15:00 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 22日
7/20 折爪岳へいく その1
朝起きて昨日はずしたコンタクトをはめようと洗面所へ。
水を入れたコップに両目のコンタクトを入れてたので、慎重に水を捨てました。
手のひらに残ったレンズは一つ…(  ̄▽ ̄)

えええええ…。
一つ流しちゃったよ~。

スペアを持っていってたので一つをあけました。
残った左目用をまず入れたあと、新しい右目用を入れました。
入れたのに右目がよく見えません。

ちゃんと真ん中にセットされているみたいなのに…。
コンタクトレンズが不具合なのかもと、新しい左目用を開けて、試しに右目に入れてみましたが、同じくよく見えません。

人間ドックで眼圧が高めと言われてたので、目が見えなくなったのかも…(T_T)

ものすごい焦って、右目に入れたコンタクトをずらしたりしてみると、ちゃんと見えるポイントが見つかりました♪
どうも、うまく真ん中に落ち着いてくれてなかったようです。

諦めて、今日は眼鏡で過ごすか…(^_^;)

と右目のコンタクトを外しました。

よく見える!!

ん?

もう入ってるし~(  ̄▽ ̄)


もしかして、昨日右目外れてなかったのか…(  ̄▽ ̄)

と、一人で慌てて、ボケて、突っ込んだ米沢の朝。

さて、朝食です!!
a0060230_21471155.jpg

昨日とは違った席になりました。
皆は南北!?に座ってるのに私は東向き!?…(  ̄▽ ̄)
何故だぁ…。

で、またまたおひつを空にしてしまいました。満腹ぅ~(*´ω`*)

お支払を済ませ、旅行の目的である折爪岳へ向かいました。
福島飯坂インターから高速に乗り、九戸インターへ向かいます。

途中平泉前沢サービスエリアで給油休憩。
で、お兄さんから、
「高速走行なので車の点検をしています。」
と言われました。
で、
「ガソリンオイルやブレーキオイルはちゃんと入っているのですが、クーラント液が空です。ヤバイので漏れているかどうか確認するので降りてください。」

つい二週間前に行きつけのガソリンスタンドで、エンジンオイルを交換してもらいました。
もう、この車に乗るのも数日だとわかっていたのですが、この長旅があるので交換したのでした。
その時はクーラント液のこと言われなかったなぁ。
まあ、自分でチェックすればすぐわかるものなんだろうけど…。

結局漏れはなかったのですが、クーラント液3本。ワイパーブレードの交換まですることになりました…。
来週廃車になってしまう車なのに…。

最後のご奉公ですね~(*´ω`*)

九戸に到着!
のへちストアでおにぎりやお酒を買い折爪岳に向かいます。
途中にあるヘルストンの湯で入浴♪
a0060230_21575882.jpg

この、コロポックルランドにはキャンプ場もあるみたいで、ここでキャンプが出来たみたいです!!
で、お風呂~(*´ω`*)
a0060230_21585838.jpg


お風呂のあとには折爪岳頂上の展望広場へ!!
a0060230_21595818.jpg

お疲れ様ステップワゴン!!
a0060230_2211884.jpg


折爪岳は霧の中。
おまけに寒いし風強い!!
ホタルにはかなり厳しい気象条件です。

うわぁ~(T-T)

続く…

by buebue | 2014-07-22 22:02 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 21日
7/19 五色温泉へいく。
久しぶりのロングドライブでした。
疲れてしまってなにもする気おきないよ~。


去年とほぼ逆のコースをたどることとなった今年の7月の連休。
福島のビジネスホテルは空きがなく、じゃらんとかでも宿が空いてない。
(一人じゃなければ空いてるのかもしれませんが…(^_^;))

やっと取れたのは、日本秘湯を守る会の会員宿、五色温泉 宗川旅館さんでした。

朝6時に家を出て、福島西インターに10時前に到着!!
カメラやさんで忘れてきてしまったケーブルレリーズをGETして、先ずは腹ごしらえ~。
米沢方面に進んでしまったので、見つけたのはラーメン屋さんだけでした。
鉄火めんさん。
そこで米沢ラーメンではなく塩中華を注文。
a0060230_216931.jpg

味は…美味しかったかな?
あんまりラーメンよくわかりません。

今年も先ずは姥湯温泉を目指します。
相変わらず道は細くて17度と言う殺人勾配があります。
そんなこんなで到着!!
a0060230_2173720.jpg

目指すは!!
もちろん女子風呂…(^_^;)
a0060230_2183051.jpg

ロケーションのいい混浴の方に入ってみたい…みたい…みたい…みたい…。
a0060230_219991.jpg

a0060230_21101726.jpg

我慢するさぁ~(*´ω`*)女子風呂でぇ~
a0060230_2111722.jpg


五色温泉はチェックインが14時からと早いので、もう行っちゃいましょ!!

で、到着~!
a0060230_21122286.jpg

思ったより大きな宿でした。
a0060230_21341998.jpg

テレビはここにしかありません。
a0060230_2135147.jpg

澄宮殿下御下賜と書かれてますね。
木製のスキー具初めて見ました♪

予約したのはこんなプラン…と言うか一人だとこのプランしかなかったのよ~(*´ω`*)
何処もないから、ちょっとリッチになってしまいました。
a0060230_21145820.jpg

お部屋は広めの8畳トイレなし。
で、案内されたのは離れ2番
思ったより広そう♪
a0060230_2116277.jpg

a0060230_21171392.jpg

広縁あるし。
a0060230_21175425.jpg

と言うかトイレもあるし…。

この部屋でいいの~お~お~(*´ω`*)
ありがたやありがたや♪

先ずは内風呂へ~。
さっきお風呂入った気がするけど…。
a0060230_21193916.jpg

a0060230_21204594.jpg

露天もいっちゃおっかなぁ~(*´ω`*)

宿の向かいのちょっと小高いところに露天があります。
入り口で靴を脱いで廊下を歩きます。
a0060230_21205712.jpg

うーん。ビニルハウスの匂いがします。
a0060230_2123779.jpg

古い校舎の廊下のようですが、ビニルハウスの香りがプンプン~。
で、露天はいわゆる半露天でした。
a0060230_21233994.jpg

お風呂から見ると
a0060230_21235985.jpg

お風呂を出たあと、少し外を歩きました。関東より遅めなので紫陽花が満開でした。
a0060230_21264756.jpg

右の少し飛び出てる部分の二階が離れのお部屋で、私のお部屋は写ってませんがいい場所にあります。
a0060230_21273728.jpg


お部屋で一寝入りしてたら電話が~。
ご飯だそうです♪
a0060230_2125559.jpg

何か気がつきますか?
米沢牛?
いやいや…、これでもかっと言うほど
フキ
ずくし…(^_^;)

一応メインの米沢牛ステーキ
a0060230_21294878.jpg

旨かった~(*´ω`*)
でさっきビールこっそりあけちゃったので、ここでは熱燗!!
a0060230_21303791.jpg

何だかんだ書きましたが、ほぼ完食!!
a0060230_21311834.jpg

a0060230_21322727.jpg


食事中に内風呂二つの男女入れ換えがあったので、食後はもうひとつの内風呂へ。
a0060230_21324472.jpg

a0060230_2133457.jpg


それではおやすみなさ~い。

by buebue | 2014-07-21 22:00 | 東北(0) | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 08日
11/2-3 置賜秘湯を巡る その7(おしまいの巻)
docomoのナビを湯ノ沢温泉(湯の沢間欠泉 湯の華)にsetして出発!!
ここは、日本で唯一入れる間欠泉らしいです♪
米沢から国道121号を喜多方方面に少し走り、玉庭を右折、郵便局(玉庭局)のある三叉路を左折します。
白川ダムの手前を左に曲がり橋を渡るとあとはほぼ一本道です。

a0060230_2195343.jpg


また、ここからは携帯の圏外になってました。
民家はほとんどなく時々一軒家が見える程度。
圏外なのでナビによっては地図が表示されなくなり不安になりますが、所々に木でできた温泉の案内看板があるのでさほど不安にはなりませんでした。

あと10キロの表示が出たくらいから道は細くなります。

その表示から大体100メートル前後進んだ所を左の後輪が少し広くなった路肩の砂利に出て舗装路に戻った時でした。
何かが引っ掛かったような変な音と共に走りづらくなりました。

降りて見てみると…。
!!(  ̄▽ ̄)

やっちゃった…。パンク…(  ̄▽ ̄)。
携帯は圏外だし、どうするか…。
タイヤ交換する工具も入ってたかどうか…(  ̄▽ ̄)。

辺りを見回すと、戻ったところに農家が見えます。
煙が出てるので人はいるようです。
とりあえずそこで助けを求めよう…。

さっきの路肩の所で車の向きを変えて、とろとろと戻ります。

あと10キロの表示の所で後ろから軽が来てたので、やり過ごそうと車を止めたら、後ろの軽も止まって、
パンクしてるよ!!
と…。
はい。あそこの農家で手伝ってもらおうかと戻ってます。と返事。
軽のおじさんは、あそこはじいさんと婆さんだからどうかなぁと首をかしげてました。

おじさんも心配になったのか、色々と面倒みてくれました。
農家に聞きにいってくれたり、自分の工具が合うか試してくれたり色々してくれましたが、工具があいませんでした。

そうすると農家から別のおじさんがジャッキとクロスレンチを持ってやって来てくれました。
軽のおじさんはスペアタイヤを下ろしてくれ、俺はちょっと忙しいから!!と言って去っていきました。
(軽のおじさん仕事中なのにありがとう。)

農家のおじさんは、黙々と車をジャッキアップしてくれましたが、どうも止めた場所がよくないのか、タイヤを交換できるほど持ち上がりませんでした。
高さが足りない…。
と言って、またどこかへ。

今度は薪と別のジャッキを持って登場。
先程のジャッキの横にsetして持ち上げていきます。
恥ずかしいくらいツルツルのスペアタイヤとパンクしたタイヤを交換。

やたら手慣れていました。
山形と言う土地柄、タイヤの交換は年中行事なのかもしれません。

私がしたことといったら、クロスレンチと薪を10メートルほど運んだくらいでなにもしてません。
あ、タイヤがなぜパンクしたのかタイヤを確認しました~♪

どうお礼していいかわからなかったので、とりあえず持っていた高知のミカンを
何もないのでこれ食べてください。
…。
(やっすいなぁ…(  ̄▽ ̄)ごめんなさい。)

タイヤ…。ツルツルのボロボロでした。
下手したら高速でバーストしてたかも…(  ̄▽ ̄)
a0060230_17501757.jpg

車の買い換えを考えるあまり、タイヤの交換をけちったのが原因です。

それにしても、本来ならなくてはいけない工具の不備や、こりゃダメでしょと言うタイヤで旅行に来たことについて、お説教のひとつやふたつ。というか耳がいたいくらいにされて当然なのに、おじさんがたは、「湯に来たの?」くらいしか言わず黙々とタイヤを交換してくれました。
本当にすみません。感謝してます。

ちなみに、右後輪の内側も同じ状態。
これは早急に換えないともう一方もパンクしそうです。

温泉は諦めて、米沢市街のオートバックスにとろとろと向かいました。

表に出ていたセール中のタイヤがちょうどのサイズだったので、速攻で購入。
a0060230_1753065.jpg

1時にはタイヤが新しくなりました。

他にも何かが液漏れしてるから点検に出してください、と言われました。
23万キロも走っちゃったからなぁ…(。>д<)
100キロ走ったら締め直すために車持ってきてくださいとも。

今さらですが、ジャッキとクロスレンチも買いました。
a0060230_7513876.jpg

買ったクロスレンチで締め直しときます。

(雪道でチェーンもスムーズに巻けるようになればいいけど…)

その後、ヨークベニマルでビールを買いました!!
a0060230_17552280.jpg

向かう先はあの農家♪

到着。
a0060230_17561456.jpg

おじさんが見つからなかったので、おじいさんに話をすると、
帰った!!
息子さんじゃないんですか?
妹の娘の旦那で帰った!!
…。
これ、お礼に持ってきたんですけど。
来たら渡しとく。
お願いします!!

こんなお礼でいいのかわからないですが、とりあえずおじいさんでも渡せたのはよかった。
(ケースにすればよかったかなぁ…)

でも、ここに農家があってよかった。
a0060230_17592925.jpg

パンクしたのはこの辺りかな?
a0060230_180347.jpg

おじさんたちありがとう!!

さて、まだ2時過ぎ。
湯の華をもう一度目指そう!!

先程の10キロの表示を越え、3キロほど行くと山ノ神神社があります。
ここからはひたすらの林道走行。
おまけにダート!!
林道の終点まで7キロすべてダート!!
後ろに車がいたので撮影できませんでしたが、これもyoutubeに動画がありました。
それにしてもこのダートまで入ってきたら、後輪2本ともパンクしてたかもしれません。
本当にラッキーでした。

到着!!
林道の終点のその先にあります。
駐車場は結構大きいです。
a0060230_2031856.jpg

a0060230_2043218.jpg

a0060230_2044998.jpg

入浴料は600円。
早速のお風呂♪
と脱衣所に入ったら、張り紙発見。
写真の取り方変でしょ。すみません。切れまくってます。
a0060230_2061434.jpg

日本で唯一入れる間欠泉の温泉は混浴らしい。
でも、バスタオル巻けば入れる!!
ここまでハプニングもありたどり着いたのに、間欠泉に入らないで帰る手はないでしょう!!
ひとまずロビーに戻り、受付のおじさんに
バスタオル取ってきます。
と声をかけ、車に戻りました。
(バスタオルはここで借りられたらしい。借りればよかったと後悔することになる)

でも、いざと言うとなかなか度胸のでない混浴。
内風呂でも皆がどうしょうかと悩んでました。
すでに入浴しているカップルの姿が見えました。

若いお姉ちゃんが入っていくのを見て、後を追うように入りました。

が、が、ががが…。
お姉ちゃんもカップルだった~。

若いカップル二組と離れたところにおじさん一人。
滑るようにはいったものの、話す相手もいないし、目のやり場もあまりない。
でも、それはみな同じみたいで、皆が間欠泉を凝視してました。
お湯はかなりのぬるめ。色は茶色で入ってしまえば中は全く見えません。
ちょっと伊香保っぽいかな?

しばらくすると私より年上の女性が一人で入ってきたので、ほっとしました。
ちょっとおしゃべりしていたら、男子風呂の方から手拭いで大事なところを覆った男性が入ってくる。私のとこから間欠泉を向いた延長上に男子風呂の入り口があるのでどうしても目に入ってしまう…。慌てて視線をずらしました。

と、話をしていた女性が入ってきた男性に挨拶。
旦那さんとのこと。

ああ、みんなカップルなのね~。
一人の女性は来ないのね~。

でも、その女性としばらくお話をしました。
来るときにカーナビが消えたので不安になって農家の人に道を聞いたんだそうです。よく聞くと、私が手伝ってもらった農家でした。
私が、実はパンクしてあそこの農家の人に手伝ってもらいました。と話したら、
うちの旦那はタイヤのメーカーで働いますよ!!
とのこと。なんか面白い縁ですね…。

ところで、入るのはいいけど、なかなか出るタイミングがつかめない混浴。
段のあるところまでお風呂の中を座り歩きして移動し、脱出。
自分のバスタオルは厚みがあるせいか、たっぷり吸水したバスタオルは重かった。

そんでもって白いタオルは茶色くなってしまった。
a0060230_2025833.jpg

自分が入ったときは1メートルくらいしか吹き上がらなかったけど、もっと高く吹き上がることもあるらしい。
やっぱり人目を気にしなくていい夜に入りたいので、今度は泊まりですね~。
ここも次の週末が今シーズンの最後のようです。
ここでは人がいて写真がとれなかったけど、またまたyoutubeに動画がありました。
来年は大平温泉とここで連泊しよう♪

さて、そろそろ帰りますかね。
喜多方→会津若松で高速に乗り、70キロの断続渋滞に捕まりながら帰ってきました。

色々あったけど本当に本当に楽しかったです\(^o^)/
おまけにツイてる♪
山形最高!!
旅が癖になりそうです♪
おしまい!!

by buebue | 2013-11-08 21:00 | 東北(0) | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 08日
11/2-3 置賜秘湯を巡る その6
翌朝は6時過ぎに起き、温泉へ。
内湯→外湯→内湯と入りました。
外湯に入っているときに中から出入口にあるのれんを見たら、一瞬焦りました。
a0060230_544324.jpg

えっ、混浴だったっけ?

よくみると、男の文字の上に湯と書かれた布が縫われてました。
あ、これ、もしかして男女の入り口が同じで番台で分かれる銭湯とかにかかってるのれんなのかな?

お風呂から出たら、洋服に着替えてにもつをまとめて準備万端にしてから朝食にしました。

じゃじゃーん。朝食。
これもなかなか。右上は豆腐を豆乳で温めたものでした。
a0060230_5494939.jpg

ご飯もおひつの中をほぼ制覇。
ただ、一つだけ食べられなかったものが…。
左上の鮭の隣にある…イナゴの佃煮…(  ̄▽ ̄)
右側では夕食時と同じくソロの女性がソロの男性にひっきりなしに話をしていました。よく食べる暇があるなぁ…ってくらい話していました。
お食事どころを出るときに、ふと、ソロの女性が去った後のお膳をみたら、物凄く綺麗に食べられてました!!
凄い!!

ご飯も食べたことだし、さて、今日も温泉巡りして帰るぞ~♪
それにしてもこの宿は本当にいい!!
niftyの口コミにある通り!!また来よう♪♪♪

と、あの坂をまず登らなくては…(。>д<)
お天気も今のところ大丈夫みたい。
a0060230_554218.jpg

泊まっていたソロの女性が前を歩いていたけど、だらだら上っているうちにいつのまにか姿が見えなくなってました。
a0060230_5551168.jpg

a0060230_5554320.jpg

肩で息をしながら、P1に到着。
ここでさっきのソロの女性に追い付きました。
女性はここに停めているみたい。
手前の車のところにいたので、その車が彼女のかと思っていたけど、彼女の車は一番奥の車でした。
一番手前の車のフロントガラスにはなにやら張り紙らしきものがありました。
まさか駐禁!?って訳じゃないよね。
…。
車のナンバープレートを見て、理解しました。
どうやらこの手前の車は、泊まっていたソロの男性のもの(昨日の会話のすんでいる場所から判断)で、フロントガラスの張り紙はソロの女性からソロの男性にあてた手紙だと思われます。

何書いてあるのかなぁ…。
住所とか電話番号とか書いてあったりするのかなぁ…。
(でも、うちの母ちゃんもこういうことしてそう。友達多いし。ちょっとは見習わないといけないかなぁ…。)
人の手紙みるわけにもいかないし、少し気になりますが、日帰り入浴の車が上ってくる前に、とっとと降りなければ!!

やはり狭いこの道
a0060230_655452.jpg

なんとか脱出し下道へ。
行きのときも気になっていたトトロの森!?を撮影。
a0060230_665632.jpg

森?森って言うのかぁ、これ。いや、林?
誰か剪定してるのかなぁ、それとも、偶然かなぁ。
さて、ナビを次の秘湯に出発しますか。

続く…。

by buebue | 2013-11-08 12:15 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 07日
11/2-3 置賜秘湯を巡る その5
宿の人の
ご飯ですよ~♪
と言う声で目をさまし、お食事処に向かいました。
なかなかの料理だ♪(どうしても山小屋にいる感覚が取れません。)
a0060230_1485878.jpg

私の座った左側には向い合わせでお膳が4組、私の右側には私と並びでお膳が2つありました。
一人客はあと二人いるようです。
私と離れたところに60代後半と思われる女性。
私のとなりには50歳前後と思われる男性が座りました。
どうやらこのソロ二人は駐車場についたときに顔合わせをしているようでした。
私の左側の二人連れさんたちは夫婦のようです。
食事中ずっと右隣のソロ二人が話していて、どうしても会話が耳に入ってきます。
ご夫婦は特に積もる話もないようであまり会話が聞こえないので余計に響くのです。
お陰で、ソロの二人の出身、現住所、この連休の行先、独身かどうかまで、すべて頭に叩き込まれました。
私はと言うと、黙々とおかずをお腹のなかに入れながら、日本酒をちびちびとしておりました。
a0060230_14163133.jpg

昼御飯が遅かったので完食するのはきつかったのですが、なんとか完食。ご飯は断りました。日本酒は追加しました。
最後にお吸い物とデザート。
ゼリー系は苦手なので残しました。
a0060230_1419518.jpg

a0060230_14193013.jpg

部屋に戻ったら、布団が。
そうだ、山小屋じゃないんだ。
a0060230_14212413.jpg

冗談でも、枕が二つあれば雰囲気が出たのに…(  ̄▽ ̄)

少し休憩し、8時に予約していた貸し切り風呂に入浴。
本を読みながら、知らぬ間に寝ていました。
続く…。

by buebue | 2013-11-07 21:00 | 東北(0) | Trackback | Comments(0)