2010年 05月 01日
続きを一休みして・・・イタドリ採り
昨日は、八王子に住むおばさんとイタドリを採りに行きました。
イタドリ・・・地方によってはスカンポと呼ばれていて、高知ではよくおかずとして食べられています。
そのまま食べることもできますが、酸っぱいです。

こちらではあまり食されることはないので、いたるところに生えてるイタドリですが、高知ではみんなが採るのですぐなくなるようです。

これがイタドリです。葉っぱがいっぱい出てくると固くなってしまうので、これくらいのときが採りごろです。
a0060230_16214345.jpg


こんな感じでいっぱい生えています。
a0060230_1691672.jpg


おそらく重さにして20kg近く採りました。
a0060230_16101073.jpg


ここにはいたるところに生えているのですが、時期が遅かったので、突堤近くのところが採りごろでした。
こんな感じでかなり急な斜面にも生えています。
a0060230_16113169.jpg


この斜面で採るのは危ない!絶対だめ!って言っていたおばさんですが・・・・
a0060230_16121026.jpg

おばさん自身が採りに・・・。無事に戻ってこれて一安心。

おばさんの家でイタドリの煮物をいただいて、家に帰りました。

今日はイタドリの皮むき&酸味を抜く作業をしました。
イタドリの皮をむき、適当な大きさにちぎり(ポンっといい音がなり適当な大きさに分けられますよ)丸一日は塩漬けにしておきます。
a0060230_1615529.jpg


水分が出てきたら水をすてて、酸味が取れるまで重石をしておきます。
a0060230_1616927.jpg



酸味が取れたら、水分を絞って、ジップロックなどの保存袋に一食分ずつ小分けにして冷凍しておきます。
一年は保存できますよ~!
食べる前には丸一日水に付けて、塩分を取ります。

すぐ食べるなら、熱湯でさっと茹でて冷水にさらして酸味を抜く方法もあるようです。
塩漬けのほうが日持ちはしますけど。

油炒め(ごま油でいためて食べるのもおいしいです)とか煮物してもおいしいです。
コリコリした食感もGOODな山菜です。

こっちではみんなが採らないので、簡単にたくさん取れるのもGOOD!!

とさあち」によると、イタドリは高知のソウルフードらしいです(笑

全部は漬けられないので、1/3(小ぶりのダンボール一箱分!!)は田舎に宅急便で送ることにしました。

by buebue | 2010-05-01 16:23 | 関東・・・東京 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://buebue.exblog.jp/tb/10528095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marlowe_gsa at 2010-05-01 19:41
イタドリって大きく育つと竹のような節の間に虫が住み着いて、それを渓流釣りの餌にするって
いう風にしか知らなかった道産子です。
誰も採らないのでヒマワリか竹のようにスクスクと育っていました。
ちょっと食べてみたくなりました。
Commented by shinashina-x at 2010-05-01 20:19
昔、父と一緒に取りに行った記憶が。
なんか酸っぱいのそそのまましゃぶってました。
Commented by buebue at 2010-05-02 00:01
marlowe_gsaさん
イタドリが大きく育って竹のようになった姿は上京して初めて見ました。
それくらい高知では採られているのかもしれません。

イタドリ食感が良いんですよ!
四国のほうに行かれたとき、(おそらく愛媛、高知あたり)だと料理屋さんにイタドリ料理があるかもしれません。
もしくは市とかスーパーで食べられるようになったものを売ってると思います。
是非旅の思い出に炒めて食べてみてください。
Commented by buebue at 2010-05-02 00:03
shinashinaさん
酸っぱいのをそのまま食べたことある人は多いと思います。
硝酸かなんかが多く、生で多く食べるとおなか壊すと思いますよ。
という私も小さいころは採っては食べてましたけど・・・
Commented by makkuroGS at 2010-05-02 00:56
イタドリ・・・食べたことないですねぇ(^_^;)

ごま油炒めが、美味しそうだなぁ。
オイスターでも・・・イケそう(^^)
Commented by buebue at 2010-05-02 00:59
makkuroさん
オイスター・・・考えたことなかったですけど、多分かなりいけると思います。
うまく酸味が抜けたら試してみますね!


<< 再び渋峠・・・      白根山でスノーシュー >>