2017年 10月 09日
10/8 HMS198回目 上級71回目
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by buebue | 2017-10-09 06:11 | バイクの練習
2017年 09月 17日
9/16 HMS197回目 上級70回目
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by buebue | 2017-09-17 08:24 | バイクの練習
2017年 09月 03日
9/3 HMS196回目 上級69回目
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by buebue | 2017-09-03 21:34 | バイクの練習
2017年 08月 30日
8/27 HMS195回目 貸切りに参加
桶川の主のようなGさん主催の貸しきりに参加してきました。
Iさんの貸しきりと違い、速い人ばかりではなくいろんな参加者がいます。
おまけに20人中8人が女性と、HMSでは滅多にない男女比でした(*´∇`*)

イントラさんはYSZMさんとMKWさん。
ベテランさんの二人組です。

車両はCBR250R。相方さんも同じ。
相方さんの後ろをついていって頑張る予定です。

午前はまずブレーキ練習から。
河川敷の入口付近で練習です。
止まる姿勢。
加減速の姿勢をみっちりやりました。
いつも参加する上級だとこんなにみっちり流行らないのですが。
加減速の姿勢で注意することとして、極端に体を前後に動かさないこと。でした。

初級や初中級等では、加減速になれるために少し大きなアクションをとるように教えられます。
中級から上級になると体の動きはできるだけ最小限にし、サスペンションの縮みと同じくらいの移動量で!と変化していきます。

ブレーキも同じで、初めはリアブレーキとフロントブレーキを両方使いましょう。
フロントブレーキをもっと使いましょう。
フロントブレーキは旋回前までで、リアブレーキを使いフロントを転がしましょう。
などと、教えられ方が変わってきます。

コースラ内ではブレーキの使い方は、そのコーナリングにあわせて様々ですが、いくつもを同時に覚えるのではなく、階段を上っていくように一つずつ学んでいきます。
恐らくその方が混乱しないし、覚えやすいのだと思います。
急がば回れです。

ブレーキ練習のあとは6番7番を使って基本のスラローム。
オフセット主体で少し直パイがあるコースです。
スピードが乗る感じですが、CBRでも、ギアチェンジが不要なくらいの長さで走りやすかったです。

速さは様々ですので、前にいる人に近づかないように距離をとってスタートしたり、近づきそうなときはスピードをおとしたりしましたが、CBR250のローギアは他のバイクの音より大きいので、自分が思っているより前の人のプレッシャーになってしまったみたいで、何度か前を譲られました。

YSZMさんからは、コーナリングの最後にややアウトになっている。左回りは感じられないが、右回りで微妙にアウトとなっている。
とのことでした。

二年くらい前に最後に膝でバイクを起こす。ややアウトにすると小回りができるとYイントラに教わってから、一年ほどそう乗っていたので癖がついていました。
CBRにしてから、アウトにならないように気を付けているのですが、まだやや残っているようです。
(アウトが悪いわけではないけど、特にCBRならアウトを使わずに走りたいのです。)

午後は、まずは4番を使ってオフセットの基本を繰り返し行います。
ここでUMSWさんがなんとCBRで登場。
横でしばらく練習してから、相方さんを追いかける私の後ろについてくれました。

CBRの感想は、
「ふわふわしてて乗りにくいですね。」
でした。
フロントが軽く、旋回時に普通にリア荷重すると、旋回中にフロントサスが伸びてしまいます。接地感がなく浮く感じです。
そのままだと、旋回から加速に移るときに、一度前に荷重を移動してあげないといけないので、旋回時からしっかりと接地感を与えるためにフロントを押し付けてあげないと行けません。
体重を預けるのとはまた違うので、私はそこら辺りがうまくいったりいかなかったりしています。うまくいくと旋回中にサスが暴れることもなく気持ちよく小回りできて加速につなげられるのですが。

私に対するアドバイスは、
「旋回毎に少しずつ旦那さんに遅れていっていますよね。旋回の入りは同じくらいの速度だけど、出るときが遅い。アクセルの開けはじめが遅い。
加速ー。減速ー。のリズムを意識するのではなくて、どこまで落とすか、どこでアクセルを開けられるかを意識してみてはどうでしょうか。」
とのこと。
「早く開けられないのは、フォームの問題とかありますか?直したらいいところとか。それとも意識の問題ですか?」
と質問すると
「buebueさんはきれいに乗られているので、フォームではないです。意識の問題だと思います。」
とのこと。

アドバイス通りにどこから開けられるかを意識しながら走ってみます。
CBRの場合、アクセルは旋回中でも薄く開けているのですが、そこからさらに開け始めるのは、リアブレーキをほぼ解除してからでした。
速度が落ちないようにリアブレーキで旋回を安定させながら、アクセルを開け始めることを意識すると、前より立ち上がりが速くなったような気がします。

これも体で覚えなくては❗

私を追走したあと、UMSWさんが相方さんを追走していました。
聞くところによると、UMSWさんは初めてCBRに乗るらしく、相方さんの後ろを走って確認したようです。

休憩のあと、今度は5番にコースラが追加されました。
練習になりそうないいコースです。
疲れすぎず、直パイやUターンオフセットがいい感じに組合わさっていました。

何周かみんなで走ったあと、休憩前のオフセットとこのコースラとどちらを選択してもいいですよ。繋げて走っても構いません。
となりました。
コースラを繰り返す場合は、オフセットから繋げて入ってくる人を優先してください。
とのこと。

コースラメインで何度か練習。
相方さんはIさんたちと速い人たちでトレインをしていたので、休憩してそれを撮影。
その後、またコースラに参加。オフセットに行って戻ったときに、たまたまIさんたちトレインの前に合流したため追いかけられるはめに。

スタートに戻って、Iさん、相方さんを前にいかせたあとに、頑張ってトレインでついていきました。
周回を重ねる毎に、余裕は全くありませんがなんとかついていくことができました。
ここが遅れるなー。というところもあります。
特に深いUターンでは、まだまだ出口で遅いようです。
細かいターンのところで少し差を戻す感じでした。

MKWさんが追走してくれたのですが、
「二人ともいいよー❗」
とのこと。たった一言でしたけど、嬉しかったです。
今度は相方さんをMKWさんが追走。
なにかアドバイスもらったのかな?

暑かったですが、全体休憩くらいで特に多く休みをとらずに走りきれました。

練習のあとは、桶川で反省会に参加して終了。
とても楽しい1日でした。

たくさんの人から速くなったと言われて嬉しかったです。
低迷期…プラトー期間抜け出せたのかな。
それだったら嬉しいです。

ここ何ヵ月か上達が感じられなくて悶々としていたのですが、この日を境にまた少し上達できるといいな😃
a0060230_21252333.jpg


# by buebue | 2017-08-30 20:14 | バイクの練習 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 26日
8/19 HMS194回目 上級68回目
相方さんと一緒に行って来ました。
イントラさんはYSDさん改めARIさん。
車両はいつものCBR250Rです。まだなかなかうまくならないCBR250。

午前は奥の6番7番でした。
大きなオフセット中心のコースです。
いつものスタート位置からすぐ左折一気に加速してUターン。
ここからオフセットの連続。というより、直線Uターンの繰り返しという感じでした。奥まで行き、戻りながらまた繰り返しをして、6番に入り外周にある直パイを通過し、市街地コースに入るシンプルなコースです。
途中ARIさんから、パイロンを使った練習をやってみましょうとの課題?がでました。
パイロンの上に股がり、へりを踏んだ状態で、パイロンをタンクだと思って左右に動かしてみる。
左右で違っていませんか?
違うことに気がつく練習、左右同じようにする練習とのことでした。
私はいまいち分からなかったです。
(相方さんはいい練習だといっていたけど。)

そのあとの追走では、右ターンは体とバイクがあっているが、左ターンの時にやや体が先行している。との指摘。
前に自分のバイクでのコソ練を撮影してもらったときに左ターンで早めに体をいれる癖があることに気がつき直していたのですが、まだ早いようです。
ARIさんいわく、ほんのちょっと、微妙に早い程度だけどとのこと。

午前中は湿度が高いだけだったけど、午後は日差しが出て気温も高くなり、かぶり水が用意されました。
午後は4番5番。
テント際の4番からスタート。Uターン多目で、変則的な直パイが要所にある感じだったかな。
CBRでは2ヶ所ほど吹け上がる直線があり、自分の速度に合わせたクイックなギアチェンジがまだうまくできない私はレッドにいかない程度にアクセルを戻して走っていました。

ARIさんからは
まだ突っ込めますよー。もっと手前でブレーキング。

と言われました。レブらないところでも戻すのが早いところもあるので調整。
あと急いでくると早く曲がりたくなってパイロンに斜めに入ってしまうところがあるので、もっとまっすぐ突っ込むように❗とのこと。
自分としては特に右旋回時に顕著な気がします。
これも意識的に矯正しなくては。

この日も相方さんに引っ張ってもらいながらの練習。
途中私の後ろにARIさんが入ってきたと思ったら、その後ろをMKWさんが追走していました。
見たかったけど、後ろなので見られなかったなー。

引っ張ってもらうと気がつくのはどこで自分が遅いか。
私の場合相方さんに比べてコーナリングの出口でぐんと離される感じです。
アクセルの開けはじめが相方さんのほうが速い。私は1拍遅い感じです。

1日走って終了。
終わりの給油がARIさんだったので、旋回の最後の加速が違う。どう練習すればいいですか?と聞いてみました。

加速で起きそうなバイクを膝で押さえる。

だったかな。相方さんには早くバイクを起こす❗といわれていたので違うアドバイス。
どのコーナーも同じ走り方じゃないから、ARIさんのアドバイスがいいコーナーもあるということかな。
その前に、アクセル開けるタイミングが遅い。それは、ビビりなのか、体の動きが遅れてのことなのか。これはまた今度聞いてみよう。

帰りにARIさんからは、

旦那さんと一緒に走って、どこが違うかとか気づくのは重要ですよ❗

と言われました。
追いかけてもわからないところは多いけど、気づくところもある。でいいのかな。

相方さんの、私を引っ張っているときのスピードとイントラさんに追走されているときのスピードは明らかに違うので、スピードを落とされずともついていけるように、体の動きとバイクの操作を素早くできるよう少しずつ頑張ります。


# by buebue | 2017-08-26 06:55 | バイクの練習 | Trackback | Comments(0)